こだいらネット
 
TOP(ショッピング情報) 生活情報 非営利活動 このサイトについて 加盟店募集
西久保コミセンこども科学実験教室
 Information
データ
メールを出す

■  第19回は「マッチングゲーム機」を製作しました。

画像1

生活の中で使っている電気製品は、電気のエネルギーをモーターの回転、デジタル信号、光や熱に変えているんだよ。

■  電気回路を組み上げました。

画像2
LEDや抵抗器をねじ止め完成

電池やLEDや抵抗器、リード線などの電子部品を、ボルト・ナットで基盤に取り付けました。電気回路が完成しました。

■  質問と、その回答を おもて面に貼り付け ゲーム機完成

画像3
「正解」するとLEDが点灯

「正解」すると、LEDランプが点灯します。間違っていると、点灯しません。サンプルの質問と回答を用意しました。これを参考にして、自分で質問と回答をつくって、友達と回答ごっこをして遊びましょう。








☆ 今までの教室では、こんなことをやりました。


■ 第1回は、ニュートンのロケットカーです。

ロケット・エンジンをつくる前に、ニュートンの「作用・反作用の法則」を勉強しました。風船からの噴射の反作用で、ロケットカーが飛び出します。

始めに、各自が、思い思いに、格好のいい車体を設計しました。
型紙どおりに切るのに、力が要りました。


■ 第2回は、<いらいらハンド・ゲーム>を組み立てました。

LED(発光ダイオード)や、抵抗をつなぎ、電気の回路をつくり、電池につなぎました。LEDを発光させないで、電線の端から端まで、丸枠を通すゲームをやってみました。うちでも練習してみよう!

電気回路をつくったり、ゲームで遊んだりしながら、直流電気の流れ方を勉強しました。

工作や、理科の勉強を含めて、1時間半の実験教室でした。


■ 第3回は、灯台をつくって光の性質を学びました。

ドライバーでリード線を締め付けるのに苦労した。

1.入射角は反射角に等しいことを鏡の実験で確認した。
2.空のビンと水入りのビンでは、光の屈折の度合いが違う。
異なる物質の境界を通り抜けるときには屈折の角度が変わるからだ。
3.最後に回折格子のフィルムを通すと、電球の光も、太陽の光も虹色に見える。

光の反射、屈折、回折を、実験で学んだ。

■ 第4回は 船はなぜ浮くのか。押しのけた水の量だけ軽くなる のをペットボトルに「深海ダイバー」入れて実験。おうちに持ち帰りました。

 ペットボトルに圧を加えると、ペットボトル内の「深海ダイバー」風船の体積が縮んで、比重が上がりが沈みます。ペットボトルから手を離すと、体積が元にもどり、浮き上がります。

 圧力、浮力、そして比重、アルキメデスの原理などを学びました。


■ 第5回は地球の自転軸の傾きと公転を地球儀で学びました。

1。地球儀で、日本の反対にあるブラジルなどの位置などを確かめました。
2。地球儀と懐中電灯を使って、自転によって日本が昼なら、ブラジルは夜。
3。自転の軸が傾いているので、公転によって日本の夏はオーストラリアの冬。

勉強が終って、地球儀、懐中電灯、実験用暗箱をもらって帰りました。

■ 第6回は鏡を使って、光の反射の性質を学びました。

1.鏡には左右が反対に映ること。もう一度その映った画像を鏡で見ると、左右が元通りになることを確認しました。
2.モノが見えるというのは、反射が見えているのです。

勉強に使った「望遠鏡」は、うちに持って帰りました。


■ 第7回は「音の性質」を学び、指ピアノを作りました

聞こえる音、聞こえない音、音はどうやって伝わるのか、などを勉強しました。

そのあと、指ピアノ(カリンバ)を組み立てました。
ド・レ・ミ・ファの音階を決める金具の位置決めが難しかった。


■ 第8回はミニモーターをつくりました

電気の流れでできる磁界と力、その方向などを学び、なぜモーターが回るのかの説明を聞きました。

1.コイルのリード線のエナメルを剥がすのが難しかった
2.コイルのリード線の被覆を紙やすりで削るのが、きれいにできなくて苦労した。

■ 第9回はソーラーカーをつくりました

再生エネルギーを学び、そのひとつの太陽光発電を実際に利用して、クルマを走らせてみることにしました。

難しかったのは

1.プーリーにはめた輪ゴムが、モーターの回転を伝えることができるよう、ピンと張るように、モーターの取り付け位置を決める。

2.その位置に結束バンドで、モーターを取り付ける。
ソーラーパネルを取り付けて完成。


■ 第10回はプロベラ飛行機をつくりました「鳥はなぜ落ちないで飛べるのか」

空気が薄くなったところに、ほかから空気が寄ってきて「揚力」ができる。1円玉の上を吹くと、1円玉が飛び上がる のを実験で確かめました。

完成した飛行機を水平に飛ぶように調整。

主翼の位置を前後に動かし、重心を微調整。尾翼を調整してまっすぐに飛ぶように。あとは、屋外で、ゴムをいっぱい巻いて飛ばしてみました。



■ 第11回は、気象を勉強し、ミニ測候所をつくりました


風速計を組み立て、磁石と風向計、温度計、雨量計をボンドで取り付けて「ミニ気象台」が完成しました。雨量計の目盛を貼り付けるのに、ちょっと苦労しました。

工作に先立って、やさしい気象の説明がありました。

空中の水蒸気が大地に暖められて、上昇気流に乗って雲となり、上空で冷やされ、水滴になって落ちてくるのが雨。

周囲の空気が上昇気流に吸い寄せられて、風が起きる。

雲の中の水滴の摩擦で静電気がたまり、放電するのが雷。

説明がわかり易かった。おかあさんもメモをとっていました。


■  第12回は、パスカルの原理を勉強し、ミニ・クレーンをつくりました

最初に説明を聞きました。

1.水のはいった入れ物の一点に力がかかると、入れ物表面のすべてに同じ大きさの内部の力が発生する。
2.力の大きさは面積に比例する。たとえば、2つの注射器の面積比を2:1にすると、大きい注射器には小さい注射器の2倍の力で吊り合う。

大きい注射器と小さな注射器で押し合い実験で確かめました
実際に試してみると、断面積の小さい注射器のほうが、断面積の大きい注射器を押し上げました。

フォークリフトや、クレーンなどに、この原理が応用されていることが理解できました。

何ミリ押せば、荷台が何センチあがるか、グラフを描きました

注射器の目盛を確認しながら、荷台の上がる高さを物差しで測りました。
グラフのうえで、点をつなげると、殆ど直線になり、比例することがわかりました。


■ 第13・14回は、ニュートンの作用反作用の法則を勉強し、ロケットカーをつくりました。

最初にニュートンのこと、そしてリンゴが落ちるのを見て、万有引力を発見したことを勉強しました。ロケットカーが走るのも、風船エンジンから空気を噴出し、その反作用で走ることがわかりました。

ロケットカーを作ります。先ずは、ロケットカーの車体のデザインから。
車体に風船エンジンと車輪を取り付け、ついでにヒレのような装飾も
風船の口から、空気が洩れないように、結束バンドで締める。これがエンジンになる。普選エンジンを取り付けたら、車輪の取り付け。車体に擦れないよう、ストローを短く切って、スペースをつくる。前輪と後輪は平行に取り付ける。

車輪が、ブヨブヨ泳がないように、両輪が平行して回転するように調整する。

あとは、格好よくみえるように、ヒレを付けたり、旗を立てたり。
完成したら、カーレース。誰がまっすぐ、一番遠くまで走らせるかな
おもしろくなって、夢中で走らせました。

 ☆ 車輪が、車体にふれてないか。
 ☆ 車輪が平行に回転しているか。
 ☆ 風船が、床に引きずってないか。

ときどきチェックしてみようね。


■  第15回は「カタパルト」を組み立てました。

古代から使われてきた「カタパルト」の歴史や、「カタパルト」の仕組みを学びました。最近でも、船の上から飛行機を飛び立たせるのに、「カタパルト」を使っています。

ドライバーは、掌で押しながら、右回しでしめるんだよ。
ドライバーの使い方も勉強しました。

飛んだ距離を順番に測って記録しました。

どんな形のもの、どんな重さのもの、が一番飛ぶのか?それはなぜ?をみんなで話し合ってから、実際に距離を測って確かめました。予想をすると、実験で確かめること、しっかり観察すること、記録をとること、考えることにも挑戦しました。

絶対にひとに向かって飛ばさないこと。石などを飛ばさないこと。
指を挟まないこと。気を付けてね。


■  第16回は「日時計」を製作しました。

地球の自転、地軸の傾きを復習し、影の移動で時刻を知るしくみを学びました。
目盛板に時刻を記入、貼り付けます。
地球は、24時間に1回転(=360度)影は、1時間に15度移動する。
だから15度刻みの目盛をつくりました。

目盛板を55度傾けて取り付けました。
木工ボンドで、コンパスも取り付けて完成。

測定する時には、目盛板が正確に北を指すように設置します。


■  第17回は「アニメ・ムービー」を製作しました。

少しずつ違っている絵を、速く切り替えると、「残像効果」で動いているように見えるんだ。ディズニーや、宮崎駿監督の「風立ちぬ」までのアニメ映画発展の歴史も勉強しました。

鏡の代わりに銀紙を使い、銀紙に裏打ちして、回転軸にボンドで取り付けました。アニメの円盤を切り抜いて、回転軸の台に置きます。

銀紙を回転させると、台の絵が動画になります。 のぞき穴から見て、台の絵を懐中電灯で照らし、回転させます。

のぞき穴から見ると、絵が動いて見えました。

■ 第18回は「いらいらハンドゲーム器」を製作しました。

電気を伝える「導体」や、電気を伝えない「絶縁体」のこと、「直流」「交流」の違いを勉強してから、工作に取り掛かりました。

乾電池の陽極(+)から陰極(-)に、「電流」を流す「電子回路」を作り上げました。

LEDを点灯させない(電流が流れない)ように、丸い輪をどこまで動かせるか、競争しました。



     ◇           ◇           ◇


みんなが組み立てるキットも、はさみ、物差しから鉛筆、ドライバーまで、八王子市内にある<アジレント・テクノロジー(株)>の社会貢献のグループが提供してくれています。


 

西久保コミセン こども科学実験教室

平成25年度スケジュール

511日(土)2

日時計 (終了)

1027日(土)2

アニメ・ムービー(コミセン祭り) (終了)

1130日(土)2

いらいらゲーム(終了)

329日(土)2

マッチングゲーム(終了)

平成24年度スケジュール

616日(土)2時半

測候所(終了)

915日(土)2

パスカルのクレーン(終了)

1027日(土)10時半・2

ロケットカー(終了)

316日(土)2

カタパルト(終了)

平成23年度スケジュール

月18日(土)2

指ピアノ(終了)

9月10日(土) 2時

ミニモーター(終了)

12月17日(土) 2時

ソーラーカー(終了)

225日(土) 2時半

プロペラ飛行機(終了)

平成22年度スケジュール

月19日(土)2

深海ダイバー(終了)

9月25日(土) 2時

ナイト・アンド・デー(終了)

12月18日(土) 2時

潜望鏡(終了)

平成21年度スケジュール

月16日(土)3時

ニュートンのロケットカー(終了)

9月26日(土) 2時

イライラ・ハンドゲーム(終了)

12月19日(土) 2時

灯台(ライトハウス)(終了)

 

   
 Data
データ

Eメール k_numashima@yahoo.com
   
 Inquiry
お問合せ先

 E-mail:k_numashima@yahoo.com /