こだいらネット
 
TOP(ショッピング情報) 生活情報 非営利活動 このサイトについて 加盟店募集
ボランティア研修 むさしのパソコン塾☆教え方、学び方の交流☆
 Information
データ
関連リンク
メールを出す

■  困ったこと、悩んだこと、みんなでベストの解決法を話し合います。

画像1
ボランティアで、先生をやっていても、ときどき、アレっとひやりとすることがあります。 あれでよかったのかな、と疑問のままにしておかないで、みんなのチエとウデを借りませんか?


毎月、1回、三鷹産業プラザの会場を借り、研修会をやっています。
会費は、会場費をみんなで、分担します。

■  研修会の予定

画像2
★2020年1月のPC塾の募集:

次回は1月23日(木)13:10-16:30  >>>第4木曜日です。

会場:三鷹産業プラザ3階ふれあいサロン
参加費:500円
テーマ:各種情報提供・質疑応答等を予定しています。
新規参加希望者は南までメールでご連絡下さい。
★令和1年度の予定:基本第3木曜日(1月は除く)

1月23日(木)第4木曜日
2月20日(木)
3月19日(木)

南 雄二 yuji.minami@hotmail.co.jp ★携帯電話: 090-7726-0436

■  最近の勉強会の報告

画像3
(2018年以前の報告は、このページ最後尾リンク「むさしのパソコン塾アーカイブ 」をご覧ください。

=============

2019年12月のパソコン塾は19日(木)に参加者9名で開催しました。

今回は高木さんが欠席の為、高木さんからのテーマに加え、当日の情報交換内容を以下にまとめました。



運営事務担当: 南 雄二

会計担当: 橋本 斉吾

---------------------------------------------------------

1. 日本HP パソコンシェア一位に:19%で日本市場TOP

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/12/news007.html



上記の詳細を簡単にまとめると、ポイントは以下の4点です。

直販(HP ダイレクト)・販売店(パートナー)経由の両方共に「Made in Tokyo」で「カスタマイズ出荷」が可能 。「短納期・確定納期」で届ける体制を実現。
「スタイリッシュ(薄型・軽量)で頑丈・高機能(SSD採用でPCの立上げ・反応・終了が早い)・コストパフォーマンスの良さ」が市場で認知された。
レジリエンス(復元力)を高めるセキュリテイー機能(独自のチップ)が搭載され、常に理想状態と現状を比較モニター。異常があれば自動的に復旧開始。
ビジネス・企業向けで「リモート監視サービス」を導入し、HDDやバッテーリーなどの不具合が起こる前に「事前対応」で保守する体制を実現した。
これで、ユーザー「情報システム部門」の負担を軽減。



2.エモテットウィルスに注意: 覚えのないメールに添付された「ファイル」や「URL」は開かないのが鉄則です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52669380X21C19A1TJ1000/

このウイルスに感染すると、自分の名前で知人に拡散されるので悪質です。

もし知人からメールが来て、覚えのない添付ファイルがあったら、開く前に電話で確認した方が良さそうです。



3.無料「クラウド(オンライン上のサーバー)・ストレージ(データ保存庫)」の使い分けについて:Onedrive、Googleドライブ、Dropbox 



無料「クラウド・ストレージ」サービスは、その使い方を理解すると非常に有効です。

基本的にはデータのバックアップ機能として利用でき、使用中のPCが壊れても「アカウントとPW」で他のPCからデータを復元できます。

また、メール添付で送れる最大容量・サイズは12メガ程度ですが、「クラウド・ストレージ」にアップロードした「写真100枚」とか

「動画利用のパワーーポイント」など数ギガの大容量ファイルを相手と共有し、ダウンロードしてもらうことで相手に届けられます。

具体的には、自分用に確保されたストレージ(データ保存庫)に保存したフォルダー(箱)へアクセス(見に行く)するURL(場所)を設定して、

そのURLを相手にメールします。そこから相手に見に行ってもらい、必要に応じてダウンロードしてもらいます。



各サービスは、それぞれの特徴を持っていますので、理解して使い分けすることをお勧めします。

Onedrive:5G(マイクロソフト社)、Googleドライブ:15G(グーグル社)は、設定した「アカウント」に対して
無料容量が提供され、それぞれの「アカウント」に紐付いて利用できますからインストールの必要はありません。

マイクロソフトアカウント、グーグルアカウントなどで、それぞれIDとPW(パスワード)で設定します。

IDは通常自分の「メールアドレス」を利用します。理由は、世界中で誰も使用していないという条件を満たしているからです。

PWは、メールアドレスを設定したときに作成したものを使えば混乱しません。

Onedriveは、写真などアップロードする時点で自動的に縮小されますから、大容量ファイルの共有に適しています。



Dropbox2G(ドロップボックス社)を利用する場合は、インストールする必要があります。
こちらは、グループ内で文書ファイルを共有管理する使い方に適しています。

まず「グループ」を作って、「メンバー」を招待して登録します。

登録されたメンバーはクラウド・ストレージに保存したファイルを共有します。

自分のPCにもHDDにDropbox領域が作成され、ネットに繋ぐと数10秒ごとに同期されます。

同期とは、ストレージ・サーバーの内容と自分のPCの内容が同じになるよう更新されるということです。

気を付ける点は、誰かがファイルを消すとメンバー全員のファイルが消えます。

従って、オリジナルファイルはストレージ・サーバーに残し、自分のPCにファイルをCOPYして利用するのが安全です。

こちらはアップロードで自動的にサイズは縮小されませんので、「文書ファイル」中心で2Gを超えない使い方に適しています。


?とも、それぞれの無料容量を超えると有料での容量拡大を促されますが、整理して使い分ければ無料容量内でも十分活用できます。


4.グーグルの「グループ一斉メール」設定について: 

サークル活動やグループ活動の連絡網に、(無料)一斉メールを設定すると便利です。

<一斉メール設定手順>

 たくさんの機能を持った「グーグルグループ」の一機能ですので、一斉メール設定の入口がわかりにくい。

グーグルの標準アプリにはありませんので、「グーグルグループ」の検索で見つかる下記サイトで作成開始します。

https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!overview
「グループを作成」から手順に沿って作成します。
 グループ名、グループのメールアドレス(XXXXXXX@googlegroups)、グループの説明、を順番に入力します。
 選択項目:グループの種類=メーリングリスト、グループの公開設定=グループの全てのメンバー、
投稿=グループの全てのメンバー 又は オーナーで選択できます、グループへの参加= 招待されたユーザーのみ

「作成」をクリックすれば、グループが作成されます。
作成されたグループに「メルアド」でメンバー登録します。PCメール拒否設定の携帯メルアドは受信可にしてもらう必要あり。
各メルアドの最後に「,」コンマを付けて一度に10人まで登録可能。 一つのグループアドレスで最大100人まで登録可能。
「メンバーを直接追加」で登録すれば、メンバーに案内メールが行きます。(案内メールに返信しても配信されませんので要注意)
*配信メールに広告は入りません。



5.デスクトップにエクスプローラ画面を2つ並べて使う方法:データファイルの整理に便利

 ? 最初に画面下のタスクバーから「エクスプローラ」を開く。

次に画面下のタスクバーの「エクスプローラ」を右クリックし、出てきた「エクスプローラ」を開く。
画面上で2個目の「エクスプローラ」を右へドラッグして、左端を一個目と並べると、2つの「エクスプローラ」が並ぶ。


------------------------------------------------------------------------

★2020年1月のPC塾の募集:

次回は1月23日(木)13:10-16:30  >>>第4木曜日です。

会場:三鷹産業プラザ3階ふれあいサロン

参加費:500円

テーマ:各種情報提供・質疑応答等を予定しています。

新規参加希望者は南までメールでご連絡下さい。

★2020年の予定:基本第3木曜日(1月は除く)

1月23日(木)第4木曜日

2月20日(木)

3月19日(木)


-------------------------------------------


2019年11月のパソコン塾は21日(木)に参加者12名で開催しました。

以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。

運営事務担当: 南 雄二

会計担当: 橋本 斉吾

テクニカル・アドバイザー: 高木 一

-------------------------------------------------------

1.前回も報告しましたようにWindows7のサポート終了が来年2020年1月に迫っています。

Windows10へのアップグレードをやっていなかった人から、

Windows10へアップグレードしたいという話が多くなっています。

次のサイトを開き、https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「ツールをいますぐダウンロード」をクリックすると

MediaCreationTool1909.exeというプログラムをダウンロードできます。

  このMediaCreationTool1909.exeをダブルクリックして、

画面のメッセージにそって操作すれば、Windows10 Ver1909にアップグレードできます。

尚、うまくいかなかった場合に備えて、

必ず事前に重要なデータ類のバックアップを取っておいてください。



2.イベントなどの「参加者リストをランダムに」ならべるには:

イベントの幹事さんを務めると次のような必要が出てくることがあります。

?ボーリング大会やゴルフコンペ などで無作為にチームの組合せを作りたい

?忘年会などの参加者をランダムに着席するようにしたい

このような時はExcel を利用して次のような処理を行うと便利です。

(1)参加者リストをExcelで作成します

(2)参加者名の右隣のセルに =rand() を入力します

これで今入力したセルに 0〜1 の間のランダムな小数が表示されます。

(3)上記セルを選択⇒右クリックしコピー⇒他の参加者名の右隣セルを全部選択⇒

右クリックして「数式貼り付け」

これで全部の参加者名の右隣のセルにランダムな小数が表示されます

(4)上記の数字が表示されたセルは中身は =rand() の関数のままなので

そのまま並び替えの操作すると数字が変わります。

これを避けたい場合は、このセルを選択して「コピー ⇒ 値貼り付け」して固定させます。

(5)参加者名と値貼り付けしたセルを全部選択して、「データ」タブの「並び替え」を行います

次のサイトに詳しい説明が記載されています。

https://dekiru.net/article/18461/



3.エクセルの連絡先、住所録などの メールアドレスの下線を消すには:

サークルなどの連絡先、住所録はExcelで作ることが多いですが

メールアドレス、インターネットのアドレスなどを入力すると標準設定では

これらの下にアンダーライン(ハイパーリンク線)が付けられます。

これらの資料を印刷して配布する際は、この下線で . (ドット) や

Yahooのメールアドレスでよく使われる _ (アンダースコア) が隠れて見えなくなります。

この下線を一時的に消すには、そのセルを右クリックして「ハイパーリンクの削除」を

クリックすれば消されます。

常に下線がつかないようにするには、次のサイトの設定を行います。

https://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/hyperlink/



4.データのバックアップ:

資料や写真、住所録などの重要なデータ類の定期的なバックアップは

パソコンを利用する上で大変重要です。

データをバックアップするには、手動でのコピー/貼り付け、XCOPYコマンド利用、

ROBOCOPYコマンド利用などがありますが、今回はROBOCOPYコマンドを

バッチファイルを作って利用する方法を実習しました。

1.外付けハードディスク(HDD)をUSB端子に差し込む

左下隅の「スタートボタン」を右クリック⇒「ディスクの管理」を使って、

外付けハードディスクのドライブ名を B に変更する。

2.外付けハードディスク B にエクスプローラの新規作成機能でBackup というフォルダーを作る

3.左下隅の「スタートボタン」⇒「Windowsアクセサリー」の中の「メモ帳」を開く

4.次の文を半角英数字で入力する。 ownerには自分のパソコンのユーザ名を入れます。

robocopy c:\users\owner b:\backup /mir /r:0 少しあいている箇所は半角スペースです

5.左上のファイルの「名前を付けて保存」でデスクトップにBackup.txtと言う名前で保存する。

6.デスクトップのBackup.txtを右クリックし、

「名前の変更」で拡張子を txt から bat に変更する。

7.この Backup.bat ファイルをダブルクリックするとコピーが開始されます。

1回目は通常 数GBのデータをコピーするためかなりの時間がかかります。

2回目以降は新規分、変更分だけなので短時間で終了します。

8.この bat ファイルを変更したい場合は、このファイルを右クリックして、

「編集」 で修正し、「上書き保存」します。

尚、ROBOCOPYコマンドについて、詳しく知りたい方は次のサイトに出ています。

https://amaotolog.com/backup/entry187.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2019年10月のパソコン塾は17日(木)に参加者10名で開催しました。
以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。
運営事務担当: 南 雄二
会計担当: 橋本 斉吾
テクニカル・アドバイザー: 高木 一
_________________________________________________________________
1.Windows7のサポート終了が来年2020年1月に迫っています。
Windows7からWindows10へのアップグレードについて、
パソコン塾メンバーの方から次の体験報告をメールでいただきました。
  「 今まで、全くWindows10 をインストールしていない場合でも“無料で”アップグレードできました。
  最近、Windows7からWindows10へ2台アップグレードしました(無料で)。
  MediaCreationTool1903.exeをダウンロードして実行し、USBインストールメディアを作成します。
  詳しくは、 https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 を参照。
  Windows10バージョン1903(最新)でアップグレードすることにより、
  アップグレード後のWindows Updateに時間があまりかかりません。 」

2.切取り&スケッチ 機能:
Windows10バージョン1809から「切取り&スケッチ」という画面を切り取って保存できる機能が追加されました。
これまでも画面を切り取って保存できる機能は「PrintScreen」や「SnippingTool」にありましたが、
新しいアプリとして登録されました。
起動するには、左下のスタートボタンをクリックして出たアプリリストの「か」行にある
「切取り&スケッチ」をクリックします。画面を切り取るにはツールバーの新規をクリックします。
詳しい説明は次のサイトに出ています。 https://www.pasoble.jp/windows/10/screen-sketch.html

3.Windows10の標準機能で「Linux」が使えます:
Windows10バージョン1709以降には「Windows Subsystem for Linux(WSL)」というシステムが
組み込まれており、これでLinuxを使うことができます。
興味のある方は試してみてください。
Windows Subsystem for Linuxを使えるようにするには次の操作を行います。:
スタートボタン⇒Windowsシステムツール⇒コントロールパネル⇒プログラムと機能⇒
左側の「Windowsの機能の有効化または無効化」⇒「Windows Subsystem for Linux」
にチェックマークを付けて「OK」をクリック⇒Windowsを再起動
これでWSLが使えるようになり、これを使って「Microsoft Store」からUbuntuなどの
LinuxディストリブーションをインストールするとLinuxコマンドが使えるようになります。
次のサイトにWSL入門という解説があります。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1903/18/news031.html

4.Windows10トラブル対策:
Windowsシステムを使っているとさまざまなトラブルに遭遇します。
アプリのフリーズ、ネットワーク、セキュリティ等のトラブルに付き
皆さんの体験・対応方法などを話し合いました。
この中の「アプリが固まって(フリーズして)何も反応がない」場合の対処です。
?「Ctrl」キー+「Alt」キー+「Delete」キーを一緒に押す
?出た画面のなかの「タスクマネージャ」をクリックする
?出た画面の「アプリ」に表示されている「固まったアプリ」を右クリックする
?「タスクの終了」をクリックする
通常はこれで固まったアプリが終了して、システムは正常に使えるようになりますが
アプリが終了しない場合は「電源ボタン」を5秒間以上押してWindowsを「強制終了」させます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2019年9月のパソコン塾は12日(木)に参加者9名で開催しました。
以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。
運営事務担当: 南 雄二
会計担当: 橋本 斉吾
テクニカル・アドバイザー: 高木 一
_________________________________________________________

1.写真から余計なものを簡単に取り除きたい:
写真に写り込んだ不要な人物や物体などを簡単に取り除くのに
Windows10に標準で付属する「ペイント3D」を利用できます。
操作:
ペイント3Dを起動⇒新規作成⇒エクスプローラを起動して、修正したい画像ファイルを選択し、
右クリックで「コピー」⇒ペイント上で右クリックして「貼り付け」⇒右上のマジック選択⇒
○マークで切り取りたい対象を囲む⇒次へ⇒「完了」をクリック⇒対象を枠外へ移動させる
切り取った後は自動補正されます。画像によっては多少不自然さが残ることもあります。

2.同じ文面のメールを複数の宛先に対して、xx様などの宛名入りで一斉送信したい:
Outlookをメールソフトで使用している場合、Wordの差し込み印刷の機能と組み合わせることで
実現できます。
操作は少し複雑になりますので、インターネットで自分に合った説明サイトを調べて、
試してみるといいと思います。 次のサイトはその一例です。
http://office-qa.com/Word/wd263.htm

3.Windows10の設定:
新しくWindows10パソコンを購入した時、自分に合った・
できるだけ使いやすいような設定を行うことが大切です。
基本的な項目について、標準的に便利と考えられる設定を紹介します。
使ってみて、不都合を感じるような場合は設定を変更してください。
?エクスプローラの設定:
*エクスプローラを開く⇒表示タブ⇒右上の □項目チェックボックス、
□ファイル名拡張子、□隠しファイル にチェックを入れる
*エクスプローラを開く⇒表示タブ⇒右上のオプション⇒クリック方法を
◎ポイントで選択して、シングルクリックで開く を選択し、OKを押す
?表示されている文字を大きくする
スタートボタン⇒設定⇒システム⇒ディスプレ⇒テキスト、アプリ・・のサイズを変更する
の数値を「 xxx%(推奨) 又は その一つ上の数値」に設定する
?マウスの設定
スタートボタン⇒設定⇒デバイス⇒マウス⇒関連設定の「マウスとカーソルのサイズを調整する」
ポインタのサイズや色を見やすいものに設定する
?タスクバーの設定
スタートボタン⇒設定⇒個人用設定⇒タスクバー
右側に表示される項目を読み、変更したいものを オン⇔オフ 変更します
例:小さいタスクバーボタンを使う オフ ⇒ オン にすると、アイコンが小さくなります
?セキュリティの確認
Windows10では内蔵の「Windowsセキュリティ」が安全を守るソフトとなっています。
次の操作で問題がないか確認できます。
スタートボタン⇒設定⇒更新とセキュリティ⇒Windowsセキュリティ⇒Windowsセキュリティを開く
「セキュリティの概要」に表示されている項目がすべて 緑色 なら安心です。
オレンジ や 赤 の項目がある場合は、その項目をクリックして開き、内容をチェックします。
-----------------------------------------

2019年8月のパソコン塾は15日(木)に参加者8名で開催しました。

以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。

運営事務担当: 南 雄二

会計担当: 橋本 斉吾

テクニカル・アドバイザー: 高木 一

_________________________________________________________________

1.にせの警告の画面が出る:

この一か月間でインターネットを見ているとき「にせの警告画面」が出た人が何人かいました。

もちろん、これらの警告内容は偽物で、金銭をだまし取るのが目的の詐欺画面です。

皆さんの画面で出た場合はびっくりすると思いますが、「Ctrl+Alt+Del」キーを同時に押して

タスクマネージャを起動し、「プロセス」でブラウザを選択し「タスクの終了」をクリックして消します。

あるいは、「電源ボタンを5秒以上長押し」して強制終了させます。



この警告画面には、いろいろなパターンがあり、次のような現象があるようです。

?マイクロソフトからの警告のようにみえる

?文字だけでなく、日本語の大きな音声で警告を発して脅かす

?画面のどこを操作しても止まらない(画面がフリーズしている)

?「更新ボタン」をクリック、「表示の電話番号に電話」・・などと次の動作を伝えてくる

次のサイトにこの警告の詳しい説明がでています。

http://tanweb.net/2017/12/22/17417/



2.画面の文字が小さくて読みにくい場合に大きくするには:

最近のPCは画面の解像度が高いため、文字の表示が小さくて読みにくい場合があります。

次の設定で文字を大きくして読みやすくすることができます。

左下のスタートボタン ⇒ 設定 ⇒ ディスプレ ⇒ 拡大縮小とレイアウト で

「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の表示倍率を見やすい大きさに変更します

推奨とあるのがWindows10のお勧めですが、これより大きくしてもかまいません。

尚、この変更で一部のアプリではボタンが画面の下にはみ出て押せなくなることがあります。

この場合には、一旦元のサイズに戻して必要な操作を行い、終了後にまた大きく設定します。

次のサイトに詳しい説明がでています。

https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=3&PID=4310-9005



3.スマホのないと困る機能やアプリ:

先日テレビで「10代〜60代の働く男女100人に聞いた “電話機能以外でないと困るスマホの機能・アプリ”」

が紹介されていました。 スマホがどんなことによく使われているか参考になると思います。

SNS(LINE・インスタグラム・ツイッターなど)
メール
地図・ナビ機能
カメラ
電車乗り換え
時計・アラーム
天気予報
ゲーム
お財布機能


4.パソコン用語の学習:

以前、パソコン基本用語の「CPU」、「ストレージ」、「Wi-Fi」 に関係したパソコン用語の説明をしましたが、

その続きとして今回は 「ネットワーク」、「メール」、「Webブラウザ」に関係した基本用語の説明をしました。

----------------------------------------

2019年7月のパソコン塾は11日(木)に参加者9名で開催しました。
以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。
運営事務担当: 南 雄二
会計担当: 橋本 斉吾
テクニカル・アドバイザー: 高木 一
-----------------------------------------------------------

1.スマホ決済について:
7月初めセブンペイのスマホ決済のトラブルがテレビで大きく取り上げられました。
スマホ決済は「おさいふケータイ」などの電子マネーで実績があり、
昨年12月のPayPay参入などで急拡大してきました。
行政もキャッシュレス決済の比率を高めることに積極的です。
スマホ決済とは何か、そのメリット・デメリット、サービス提供会社の比較、注意点
などを学習しました。
スマホ決済についての解説は次のサイトに詳しく載っています。
https://bitdays.jp/cashless/mobilepay/

2.メールソフトOutlook2016、Outlook2019のサインイン要求について:
メールアプリ「Outlook2016」「Outlook2019」を利用していると、起動するたびに
「パスワードの入力が必要です。」と何度もパスワードの再入力を求められるトラブル
が発生することがあるようです。
参加者の一人の方はこのトラブルでインターネットで調べたり、マイクロソフトに
電話したりして 幾つかの対策を試して、現象がでなくなったそうです。
この現象についてはインターネットに幾つか対処方法が出ていますが、その内の一
つを次に記述しておきます。

https://itojisan.xyz/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%88%
E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB/outlook%E6%AF%8E%E5%9B%9E%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83
%AF%E3%83%BC%E3%83%89/

3. Googleレンズについて:
最近のスマホには「Googleレンズ」と呼ばれる機能が搭載されています。
これは画像から名前や場所などの知りたいことをAI機能を使って調べることができ
るサービスです。
花の写真から名前を調べたり、以前行った旅行先の建物の名前を調べたりすること
ができます。
次のサイトに詳しい説明が載っています。
https://appllio.com/how-to-use-google-lens

4. 最新Wi-Fiを快適に使う:
Wi-Fi(無線ラン)はパソコン、スマホ、プリンタ、テレビなど身近なところで
利用されています。 一方、接続が安定していない、速度が遅い、突然使えなくなる
・・などの問題も発生します。
Wi-Fi利用のかなめは親機としてのルーターにあります。
パソコンやルータのWi-Fi機能の調べ方、回線接続速度の測定方法、自宅の電波環境
のチェック方法などを学習しました。
https://wi-fi.manualjp.com/connect/field-intensity-checker/


----------------------------------------

平成31年6月のパソコン塾は20日(木)に参加者10名で開催しました。
以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。
運営事務担当: 南 雄二
会計担当: 橋本 斉吾
テクニカル・アドバイザー: 高木 一
_________________________________________________________________

1.Windows10 May 2019 Updateについて:
Windows10の半年に一度の大型アップデートが配布され始めています。
今回のアップデートの名称は「May 2019 Update」で
バージョン番号は Ver 1903 (2019年3月に作成されたバージョンの意味)です。
アップデートしたい場合は次の操作を行います。
スタート ⇒ 設定 ⇒ 更新とセキュリティ ⇒ Windows Update ⇒ 更新プログラム
のチェック
これでアップデートできない場合は次のサイトの「今すぐアップデート」からアッ
プデートできます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
このアップデートには早くて2-3時間、遅いと半日以上かかることがあります。

尚、このアップデートの内容は次のサイトに詳しく説明されています。
https://www.pc-koubou.jp/magazine/21932

2.スマホの画面をテレビに無線で映すツールの紹介:
スマホで写した写真や動画などを大勢で見るにはテレビやプロジェクターで大きく
映すと楽しめます。
AnyCastという2000円位で購入できる小型の無線ツールの紹介が参加の方からあり
ました。
次のサイトに使い方などの説明が出ています。
https://xn--fhqtz92j2xa84pot6a8sl.jp/anycast-wireless-smartphone-tv/

3.XaaS(・・・as a Service)について:
ITの発展に伴い、従来のモノの「所有」から「利用」への転換が進んでいます。
これらの事例についての記事の紹介がありました。
例1:以前は音楽や映像はCDやDVDを購入して楽しみましたが、
今は月額課金サービスで聴き放題、見放題で楽しめるようになっています。
例2:HPは2016年から法人向けに「HP Device as a Service」を提供しており、
IT機器の導入前の計画から、運用、メインテナンス、廃棄・下取りまでのサ
イクルを
月額課金制で丸ごと引き受けています。
例3:日本マイクロソフトは同様のサービスを
2019年1月に「Device as a Service」として発表しています。
例4:Maas(Mobility as a Service):
「便利で快適な移動」をサービスとして提供しようとする考え方。
トヨタ自動車は2018年にソフトバンクと共同出資会社
「MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)」を立ち上げました。

4.役立つフリーソフト:
最近のフリーソフトに付き、役に立ちそうな幾つかを取り上げました。
*Webページを丸ごとダウンロードしてオフラインで閲覧:
https://kensirou.com/stock-web-sites/
*動画をDVD形式に変換して大画面テレビで楽しむ
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/409292.html
*楽曲のボーカル部分を削除してカラオケ音源を作る
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/634208.html

---------------------------------

平成31年5月のパソコン塾は16日(木)に参加者13名で開催しました。
以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。
運営事務担当: 南 雄二
会計担当: 橋本 斉吾
テクニカル・アドバイザー: 高木 一
_______________________________________________

(1) 東京オリンピック2020のチケット申し込み:

5月9日からオリンピック観戦チケットのインターネットでの申し込み受付が始まりました。
まずはTokyo2020へのID登録を行い、その後にチケット申し込みが行えます。
ID登録は次のサイトの一番下の「Tokyo2020 IDに登録」をクリックして行います。
https://tokyo2020.org/jp/special/2020id/
IDとしてのメールアドレス、パスワード、氏名、電話番号・・・などを入力します。
*パスワードには「アルファベットの大文字、小文字、数字の3種類を含んだ9桁
以上」が必要です。
*電話番号は一つのIDに一つの番号が必要です。家族で別々にID登録する場合
は、別々の電話番号を登録します。
チケット申し込みの最後で「電話認証」を行う必要がありますが、この時は登
録した番号の電話機からかけます。

(2)メールソフト Outlookでいつも使うメールをテンプレート化する:
サークルの役員などをしていると、イベントの開催連絡、議事録の送付・・など
毎月同じような内容のメールを、決まった人達に送ることがよくあります。
このようなメールはテンプレート化すると、次のメリットがあります。
*メール作成の手間を効率化できる
*送付する人の抜けを防止できる
*添付ファイルの付け忘れを防止できる
MicrosoftのOutlookをメールソフトとして使っている場合、つぎの操作で行えます。
A.テンプレートを作る:
1.通常の方法でメ−ル作成画面を開き、文章の作成や宛先の設定を行います。
(この時、添付ファイルの付け忘れを防止したい人は、画面の最初に「まず添付ファイル
を挿入してから、文章を入力する事」などと入れておくといいでしょう)
2.「ファイル」タブの「名前を付けて保存」を選択し、画面の下のほうの
「ファイルの種類」で「Outlookテンプレート(*.oft)」を指定し、ファイル名を付けて保存
します。
B.作成したテンプレートを呼び出す:
1.「ホーム」タブの下の「新しいファイル」をクリックします。
2. その他のアイテム⇒フォームの選択⇒一番上の「フォルダーの場所」欄でファイルシステム
内のユーザーテンプレート を選択⇒作成したテンプレートをダブルクリックして開きます。

(3) Gmailで日時指定でメールを送る:
誕生日のお祝いメールやイベントの開催通知メールなどメールを日時指定で送りたい場合があります。
GmailをWebメールで使っている場合はきわめて簡単に日時指定で送ることができる機能が装備
されました。Webメールでメッセージを書き終えたら「送信」ボタンの右の小さい▽をクリックし
「送信日時を指定」で希望の日時を指定します。
この方法は送りたい時間にパソコンが起動していなくても大丈夫です。
昨年2月にOutlookで日時指定する方法を紹介しましたが、次のサイトにも説明が出ています。
https://setsuzoku.nifty.com/koneta_detail/170901000367_1.htm
Outlookの場合は、メールを送りたい時間にパソコンが起動している必要があります。

(4) iPhoneの写真をWindowsパソコンで見るには:
iPhoneに使用されているOSが iOS 11 以降の機種では「写真はHEIF、動画はHEVC」という
「フォーマット」が採用されています。HEIFは写真に一般的に使われている JPGよりサイズ
が小さいというメリットがありますが、Windowsパソコンでは見ることができません。
iPhoneやフリーソフトを使って JPG に変換する必要があります。
https://apptopi.jp/2018/06/10/heic-wo-jpg/

(5)ホームページ(自治会、サークルなど)へ飛ぶQRコードを自分で作成するには:
回覧や印刷物に貼り付けて、スマホでのサイト閲覧を簡単にできます。
閲覧サイトのURLをコピーし、QRコード作成用の指定部分にコピペして作成します。
QRコード作成用の無料サイトはたくさんありますが、参考に下記を一つ紹介します。
   www.cman.jp/QRcode/

(6)パソコンの基本用語:
前回に継続して、パソコンの CPU、ストレージ、Wi-Fi に関連した基本用語、意味、注意点
などを参加者の皆さんと学習し、意見交換を行いました。

-------------------------------------

平成31年4月のパソコン塾は18日(木)に参加者11名で開催しました。

以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。

運営事務担当: 南 雄二

会計担当: 橋本 斉吾

テクニカル・アドバイザー: 高木 一



1.Windows10 次のバージョンアップ:

Windows10はこれまで4月と10月に大きなバージョンアップを行ってきました。

現在はバージョン1809 ですが、次のバージョンアップは、「バージョン1903」として

4月~5月に配信される予想のようです。

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1904/01/news025.html



2.USBの次の規格:

パソコンに周辺機器などを接続するインターフェイス規格であるUSBは、現在はUSB3です。

最新版であるUSB4が現在規格化されつつあり、今年後半に登場見込みのようです。

最大通信速度は40Gビット/秒だそうです。

https://jp.techcrunch.com/2019/03/05/2019-03-04-with-usb-4-thunderbolt-and-usb-will-converge/



3. USBメモリーの取外し:

2019年4月のマイクロソフトの発表で、今まで行ってきた「ハードウェアの安全な取り外し」が不要になったと報じられました。

不要になるのは Windows10 のバージョン1809以降で、

明らかにデータの転送途中だとかデバイスが動作している時以外はそのまま抜いても大丈夫になります。

https://gigazine.net/news/20190409-microsoft-windows-remove-usb/



4. 無線ラン接続が弱い場合の対策:

無線ランを使用してインターネットを利用している場合、

ルーターが1階でPCが2階など、距離が離れていると接続が不安定だったり、

接続速度がかなり遅い・・などの状況が発生します。

手持ちの古いルーターがある場合、これをAPモード(アクセスポイントモード)又は

中継器モードに「設定変更」して、途中に入れると速度の向上が図れます。

やり方はルータのメーカのサイトや、インターネットに出ていますので参照してください。



5. デジタルアーカイブ OMEKA:

東大和市では、守るべき「知的財産」を電子的に保存するデジタルアーカイブ OMEKA に

取り組んでいる事が紹介されました。

詳しくは次のサイトに記載されています。

https://blogtatan.blog.fc2.com/blog-entry-1292.html



6.パソコンのカタログを読み解く:

パソコンの購入を検討する際は、カタログを読んで性能や操作性などを調べます。

カタログの CPU、メモリー、ストレージ、ディスプレー・・・の項目で記述されている

用語、意味、注意点などを参加者の皆さんと学習し、意見交換を行いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成31年3月のパソコン塾は21日(木)に参加者10名で開催しました。
以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。
運営事務担当: 南 雄二
会計担当: 橋本 斉吾
テクニカル・アドバイザー: 高木 一

1. ヤフーが運営する無料のホームページ作成サービス「Yahoo!ジオシティーズ」が今年3月末で終了します。
他社のサービスへの移行等の詳しい説明は次のサイトに記述されています。
https://info-geocities.yahoo.co.jp/close/

ヤフーが運営する無料ブログサービス「Yahoo!ブログ」が今年の12月15日に終了します。
他社のサービスへの移行等の詳しい説明は次のサイトに記述されています。
https://promo-blog.yahoo.co.jp/close/index.html

2. WordやExcel の「タッチタブ」を非表示にする:
Word2019やWord2016等を開いたとき、画面上部の「ファイル」タブと「ホーム」タブの間に
「タッチ」タブがあり、これが開かれているケースがあります。
通常は使わないタブですので、じゃまな場合は、これを表示させないよう次の操作を行います。
ファイル⇒オプション⇒リボンのユーザー設定⇒右側のリボンのユーザー設定欄で
☑タッチタブ のチェックをはずす

3. ディスクチェック:
パソコンに内蔵されているディスクは可動部分がある超精密機械ですので、
  通常の寿命は5年位、使用時間は10,000時間位と言われているようです。
  万一ディスクが故障するとシステムが使えなくなり、
  保存されていたデータも消えてしまうことになります。
  数年使っているPCでは内属ディスクの状態をチェックしておくと安心です。
フリーソフトの「CrystalDiskInfo」をダウンロードしてインストールすると
ディスクの状態がを詳しく表示されます。次から入力できます。
  https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

4. Google Chromeの音声入力拡張機能「VoiceIn」:
Google Chromeの拡張機能に「VoiceIn」という、音声入力した内容を文字に変換できる
ものがあることが紹介されました。興味のある方は次のサイトに詳しい説明があります。
  https://ametuku.com/archives/10810 ・・VoiceInの説明

  http://shirogb250.com/2018/01/08/%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%85%A5%E5%8A%9B%E3%80%82voicein%E3%81%AF%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84%EF%BC%81/
   ・・・Web上のメモ帳の説明

5. インターネットトラブル対応:
パソコンを使う上でインターネット の利用は不可欠ですが、ネットに関連した
いくつかのトラブルもありえます。
今回は次のような事項に付き皆さんと情報交換を行いました。
*パスワード流失の可能性
*外出先の無料Wi-Fiの利用
*フリーソフトのダウンロード
*ウィルスに感染してしまった時の処置
----------------------------------------------



=============

平成31年2月のパソコン塾は21日(木)に参加者12名で開催しました。

以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。

運営事務担当: 南 雄二

会計担当: 橋本 斉吾

テクニカル・アドバイザー: 高木 一

-----------------------------------------------

1. 確定申告:

今年も確定申告の時期となりました。国税庁の確定申告書等作成コーナーは毎年少しずつ便利になっています。

今年からスマホでも作成できるようになった、e-Taxがより便利になった・・等の変更があります。

次のサイトに便利になった点の説明があります。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/smart_shinkoku/index.htm



尚、e-Taxを行う場合はブラウザとして Internet Explorer 11 がサポートされていますが、

これを起動する際 右クリック⇒その他⇒管理者として実行 で起動するのがいいそうです。



2. スマホのガラスにヒビが入った際の処置:

スマホを落としてしまい、当たった所が悪いとガラスにひびが入ってしまいます。

この場合の対処方法はドコモの場合は次の3つが提案されています。

? ドコモに預けてガラスを交換してもらう。 これにはそれなりの日数がかかります。

? ガラスにヒビが入った機種と、ドコモで用意した機種(リフレッシュ品)を交換してもらう。

早ければ翌日に交換品が届きますので、SIMとマイクロSDカードを自分で入れ替えます。

尚、本体のメモリに必要なデータや写真がある場合、これらを交換した機種に移すことも必要です。

ガラスにヒビが入るとタッチ操作が利かなくなることが多いですが、

この場合は、充電用端子にアダプタ経由でマウスを接続するとマウスで操作ができるようになります。

? ガラスがわれた機種が古い機種であれば、これを機に新しい機種に買い替える。



3. 詐欺広告 :OB会の方からパソコンの画面に「詐欺広告」が表示され困っているとの相談がありました。

詐欺広告あるいは迷惑ソフトというのは「システムに問題が見つかった、PCが脅威にさらされている、

  ウィルスに感染している」 などユーザーに脅威を与えるような根拠のないメッセージを表示し、

「xxxをクリックして対応ソフトをインストールしなさい」、「xxxへ電話をしなさい」などと誘導するものです。

目的はこれらの脅威を取りのぞけると称して、効果のないソフトを買わせようとすることです。

  対応としては「画面に書かれているような操作は何もしないで、無視する」のが一番大切です。

  この画面がWindowsを起動するたびに出てきて、わずらわしい場合、削除や停止をします。

  これらの「詐欺広告プロクラム」が入り込んだ場所により、幾つかの方法があります。

? Windows10 なら 左下のスタート⇒設定⇒アプリ を開きます。

このパソコンにインストールされているアプリ(プログラム)がABC順に全部表示されていますので

「詐欺広告プロクラム」に関係するような名前の表示が見つかったら、それをクリックします。

表示された「アンインストール」をクリックします。

*「このプログラムは実行中のため削除できません」のような表示が出た場合は次の操作を行います。

画面の一番下の「タスクバー」を右クリックし、「タスクマネージャ」をクリックします。

出た画面の中の「サービス」タブをクリックします。

「詐欺広告プロクラム」に関係するような名前の表示が見つかり「実行中」となっていれば、

これを右クリックして、出た画面の「停止」をクリックします。

これでこのプログラムは停止しますので、上記?のアプリを開き、「アンインストール」します。

? 画面の一番下の「タスクバー」を右クリックし、タスクマネージャをクリックします。

出た画面の中の「スタートアップ」タブをクリックします。

「詐欺広告プロクラム」に関係するような名前の表示が見つかったら

状態欄の「有効」を右クリックし「無効化」をクリックします。

? エクスプローラを開き、XXXXX (C:) をクリックします。

Program Files 及び Program Files(x86) を開き

「詐欺広告プロクラム」に関係するような名前の表示が見つかったら右クリックして削除します。

? フリーソフトの「削除ができないプログラムを強制削除する」ソフトを利用します。

? 以上で効果が上がらないときは、「システムの復元」で問題の起きる前の状態に戻す あるいは

「 システムイメージバックアップ」が取って有ればこれを使って快調な時に戻します。



4. Intel NUC を使った小型パソコンの作成:

インテルから手のひらに載るくらいの大きさで、高性能のパソコンを作成できるパーツが販売されています。

これを使ってWindows10とLINUXのダブルブートパソコンを作成した人からデモを行ってもらいました。

次のサイトに詳しい説明や動画があります。パソコンの組立等に興味のある方はご覧ください。

https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/boards-kits/nuc.html


==================

平成31年1月のパソコン塾は17日(木)に参加者12名で開催しました。

以下は、高木さんにまとめて頂いた内容です。

運営事務担当: 南 雄二

会計担当: 橋本 斉吾

テクニカル・アドバイザー: 高木 一

-----------------------------------------------

1. 自分のメールアドレスとパスワードが記述されたメールが送付された:

「今使っているメールアドレスとパスワードが記述されたメールが送られてきた・・」との相談がありました。

内容は「いろいろな情報をつかんでいる・・・」などと不安がらせてお金を振り込ませようとするものです。

いわゆる、詐欺メールの一種ですので、絶対に金銭を振り込まないようにすることが大切です。

このパスワードはすぐ変更し、このメールアドレスも使用しないほうがより安心だと思われます。

またパソコンの中を見られることはありませんので、過剰に心配しないほうがいいと思われます。

原因は「yahooで個人情報が大量に流失、facebookで個人情報が大量に流失・・」などの記事が時々出ますが

このような時に運悪く、自分の使っているメールアドレスとそのパスワードが流失したためらしいです。

次のサイトにこれに付いて詳しく説明されています。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/dlis/1141212.html



2. Windows10 October Update Ver.1809について:

Windows10のOctober 2018と呼ばれているUpdateについては、

手動で自分で行った人、自動的に行われた人、Updateができなかった人 など様々なようです。

通常の「スタート」⇒「設定」⇒「更新とセキュリティ」のWindows Updateでうまくいかない場合、

次のサイトから、手動でUpdateできる場合があるようです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10



Ver 1809の主な改良点は次のような事項です。

?パソコンとスマホとの連携強化:スマホ内の写真をPCで表示や保存ができる。

またスマホのSMS(ショートメッセージサービス)をパソコンで利用できる。

?クリップボードの機能拡張:コピーした内容の履歴を記録して、利用できる。

?新しいスクリーンショット機能:WindowsキーとshiftキーとSキーを同時に押して

「切り取り領域とスケッチ」というアプリを起動し、今見ている画面の好みの領域を切り取って保存できる。



次のサイトに他の改良点を含めた詳しい説明が記載されています。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1146267.html



3. 動画のキャプチャ:

Windows10の標準機能で動画をキャプチャ(取り込み)できるとの情報提供がありました。

操作は取り込みたい動画を表示し「Windowsキー」を押して、「Gキー」を押し

出た画面の表示にそって操作します。

ゲーム用に見えますが、通常の動画取込みに使えます。

次のサイトの「動画キャプチャ」に詳しい説明が出ています。

https://po-what.com/windows10-screen-capture



4. Windows起動時に勝手に起動するプログラムを止める:

Windowsを起動するとき、多くのプログラムが一緒に起動されます。

プリインストールされたプログラムなどで、Windows起動時に同時に起動する必要のないものは止めることができます。

?画面下のタスクバーを右クリックし、「タスクマネージャ」を起動する。

?出た画面の左下の「詳細」をクリックする

?出た画面の上部の「スタートアップ」タブをクリックする

?表示されたリストで「有効」となっているプログラムがWindows起動時に一緒に起動されるプログラムです。

同時起動は不要と思われるものは「右クリック」して「無効化」を指定すれば、起動を止められます。

尚、この操作は「詐欺広告プログラム」などが入り込んで、これを止めたい時にも使います。

   
 Data
データ

Eメール yuhorie@aol.com
HP http://tzatudai.ec-net.jp/
   
 Link
関連リンク
ボランティア研修 むさしのパソコン塾☆教え方、学び方の交流☆
NPO法人 シニアSOHOむさしの (SSM)の紹介です。
NPO法人 シニアSOHOむさしの (SSM)
SSMのご紹介です。
むさしのパソコン塾2013
2013年1月から12月の実施報告です。
むさしのパソコン塾2014-1
2014年1月から6月までの報告が記載されています。
むさしのパソコン塾2014-2
むさしのパソコン塾2015年
2015年1月から12月までの記録です。
むさしのパソコン塾2016年
2016年1月から12月までの活動記録です。
むさしのパソコン塾2017年
2017年一年間の活動記録です。
むさしのパソコン塾2018年
2018年上半期の報告
   
 Inquiry
お問合せ先

 E-mail:yuhorie@aol.com /